在来工法・2×4ツーバイフォー・注文住宅の家づくりは葛飾区のカスミ建設
 
 
 
   
 
   
  木の性質を最大限に活かした木造軸組工法。  
       
 
  長年にわたり日本の気候・風土の中で培われてきた木造軸組工法の家です。古来、日本では建築に木が用いられてきました。現在でも国土の7割近くを森林で占める日本では、身近に入手できる日本の木を使って住宅をつくることが理にかなっています。夏暑く高湿度、冬は寒く乾燥している日本の気候は、建物にとって決して優しい環境ではありません。長い歴史の中、職人たちにより、改良、工夫が重ねられ、木の持つ性質を最大限にひきだしているのが木造軸組工法です。
   
   
  ライフスタイルに合わせて
寛ぎの「和」にも
モダンな「洋」にも自由自在。
 
 
 
 
 

木造軸組工法は自由な設計プランが可能ですから、ライフスタイルに合わせた個性的なスペースを創造できるばかりか、敷地の条件、予算、デザインの嗜好などにも柔軟に対応できます。

 
   
  地震にも強い!木造軸組工法。    
 

木造軸組住宅の重要な構造部分を担当する材料である木材は、鉄やコンクリートの建築用の構造材料に比べると強いのでしょうか、それとも弱いのでしょうか?材料の強さを図るために、その材料を引っ張って引きちぎれにくいか(引張り強さ)、その材料を押してつぶれにくいか(圧縮強さ)を材料の重さあたりの強さで調べたものが、右の図です。木材は、自然のものなので、1本1本の性質にバラツキはありますが、それにしても、圧倒的に鉄やコンクリートなどよりも強い事が分かりますよね。
そして、地震に対して同じ強さの家を違う材料で建てた場合、一番軽くできるのは、木の家です。軽くできるということは、地震に優位に働きます。なぜなら、地震力は重さ(住宅の自重や家具などの積載荷重など)に比例して働くことから、軽い建物にはあまり大きな力が掛からないためです。軽い建物が地震に強いというのは、日本では昔から知られていたことで、滋賀県にある彦根城には、地震の間という建物があり、造作もなるべく軽く工夫しているそうです。軽いということは、他にも、建てるときの建てやすさや、材料を運ぶときに省エネルギーで済むというメリットがあります。

 
     
   
     

 

 
  〒124-0013 東京都葛飾区東立石1-1-12シエルコート東立石1F
TEL.03 -5672-0732 FAX.03-5672-0734
  トップコンセプト施工例|スタッフ|在来工法ツーバイフォー工法太陽光発電の家会社案内アクセスお問い合わせ  
個人情報の取り扱いJIO保証日本木造住宅産業協会