ホーム|  |コンセプト| |会社案内| |施工例| |アクセス| |お問い合わせ

もともと【制振構造】は極低降伏点鋼(無弾性スチール)・粘弾性ゴム・低反発ゲル・ダンパー類の制振材および機械的装置により地震の揺れを減ずるもので、大型ビルなどに多用されています。

 

しかし、それらの制振装置を木造住宅に用いると、従来の木造壁と制振壁の揺れ方が違う為、バラバラに揺れて危険な状態になる可能性が高いのです。

 

摩擦減震パッキンUFO-Eなら上記のような不安を全て解消致します。

大地震対応で性能が高い「絶縁工法」

地震力が建物に入る前に滑り、摩擦抵抗(ブレーキ)で300~800galの加速度を減震します。

カスミ建設株式会社〒124-0013 東京都葛飾区東立石1-1-12シエルコート東立石1F TEL.03 -5672-0732 FAX.03-5672-07342-0734